クルマに関わる和製英語とは

車で出かけた時のことなども

私は英会話教室に通っていますが、その際、日常生活のあれこれを、講師の先生に英語で話さなければなりません。
車で出かけた時のことなども、よくトピックとして話すのですが、その時気付いたことがあります。

 

というのは、私たちが車に関して、「これは英語だ」と思っている言葉の多くが、和製英語なのだということです。
たとえば「車のハンドル」のことを「ハンドル!」と言っても通じず、「steering wheel(ステアリング・ホイール)」と呼ぶのだと知ったときは、びっくりでした。

 

また、「ウィンカー」も、正しくは「turn signal(ターン・シグナル)」とか、「blinkers(ブリンカーズ)」と言うそうです。
アクセルペダルは「gas pedal (ギャス・ペダル)」、ガソリンスタンドも、「gas station (ギャス・ステーション)」なんですよね。

 

そう言えば、昔、仕事がらみで知り合ったアメリカ人に、「日本でガソリンの値段はどれくらいですか?」と聞かれたことがあるのですが、その時、「gas」と言われて家庭で使うガス料金のことかと思い、話がかみ合わず苦労したことがありました。
車の部品はほとんどがカタカナですから、てっきり英語そのままだと思っていたら、大間違いなのですね。

 

複数の会社に査定

夫と東京湾アクアラインのドライブ

今の夫とまだ付き合っている頃に東京湾アクアラインをドライブしたことがあります。
私の出身は東京ですが、アクアラインにも海ほたるにも一度も行ったことがなかったのでいつか行きたいなと思っていました。

 

夫に話したら一緒に行こうということになり、連休を利用して行くことにしました。
川崎でレンタカーを借りて出発しました。

 

地元から川崎は少し遠いので、川崎の町並みも珍しく感じました。
特にアクアライン付近はこれぞ京浜工業地帯という感じで、たくさんの工場などが立ち並んでいるのに圧巻されました。

 

アクアラインは海底を走ると聞いていたので、どんな感じか楽しみでした。
トンネルみたいな所から地下に入りました。

 

中は普通のトンネルのような感じになっていて、ここが海底かと思うととても不思議な感じがしました。
しばらくすると外に出て、海ほたるが見えてきました。

 

寄ろうと思いましたが、とても混んでいたので千葉の方に進みました。
海ほたるから先は道路は上にあるので、両側に海が見えて最高でした。

 

その光景が今でも忘れられません。